『NFL2011順位予想大会』 反省文 

昨年8月某日、前回記事に記載のあった標記イベントが大阪・高槻にて催され、わたしもチョロッと
混ぜていただいてきたわけですが、その際に極私的ポストシーズン進出予想を提出しておりました。

その後季節はめぐりスーパーボウルウィーク、今回ちゅるさんの方で答え合わせの結果
発表になりました。

結果として「当日参加者部門」で中の下、という達成感もハンパならポジション的においしくもない
という極めて生温い結果を生み出すに至り、ちょっとは反省すべきじゃね? という思いを綴って
みたいと思います。

まず、予想の内容は以下の通り。赤字が入選の方々(3点)。青字は佳作(1点)。
 NFC: 東:PHI 南:ATL 西:STL 北:GB  WC:DET、TB
 AFC: 東:NYJ 南:HOU 西:KC  北:BAL WC:NE、SD

そして個別に振り返る前に、最も反省すべき点は・・・
 ・ポストシーズン進出チームにフェイバリットチーム(ARI)を入れていない
ことに尽きるような気がしてならない。
他の方々が、シビアな中にもチーム愛溢れる予想を振りまく中、ワイルドカードにすら引っ掛けない
冷酷予想。
そしてそこまでやったにも関わらず中の下というシケた結果。申し訳がたたないどころの話ではない。

言い訳をお許しいただけるなら、NFC-Wからのポストシーズン進出は地区優勝以外ないと思って
いたので、WCという選択肢は一瞬も浮かばなかった。
余談ながら、上記の考えは全参加者の統一意見だったらしく、全地区中唯一WC予想ゼロという
痛烈な結果を叩き出している。 ……ま、いいんですけどね。

NFC-E
 とにかくPHIの予想外に尽きる。正直スーパー取ると思っていたので。
 いやあ、ドラ2ごときで超一流のバックアップQBをふんだくってしまったのが悪かったのかなあ(棒
 ま、外野からみる以上にAndy ReidはAndy Reidだったんだなあ、としか言いようがない。
 NYGは、この程度は勝てるとは思っていた。単にPHIがその上にいなかったということ。

NFC-S
 ATL、NOのうち、TBに食われるのはどっち?という2択問題を作って、NOを選んでみたものの
 どちらもTBにとっては食べでがありすぎた。

NFC-W
 満場一致でSTLだと思ってますた。まさか2人も、しかもARIに一票投じられた方がおいでとは。
 わたしなどよりも余程Kolbを真っ当に評価、期待をされていたのでしょうか。
 そしてSTL。一歩間違えればそこにいたのはARIだった。とはいえ、Bradfordはその一歩を
 間違えないQBだと思っていた。たとえ故障があったにしろ、それが一番の誤算。
 Kalilだけは勘弁してください。
 SFはまともな脳で予想するのは無理だろう。確か高槻の夜の濱田さんですら
 「SEA予想0は意外だね」とはおっしゃってもSFについては口ごもらざるを得なかった始末のはず。
 ただ、どうせならスーパーまで行ってもらいたかった。行ける年に行ける所まで行っておかないと、
 翌年はバラ色とは限らない、ということを、今年のSTL、TBが証明してしまっている。

NFC-N
 GBは行ける所まで行った翌年がバラ色だった例ですね。レギュラーシーズンまでですが。
 来年のDETをバラ色と見ていいのかどうかは自信ないが、とりあえず「シルバークラッシュ」という
 ユニット名は考え直したほうがいいように愚考いたします。

AFC-E
 ツッパッて、ツッパッて、保たなくなった時というのは脆いものだ。
 しかし、来年これを立て直せたら、Rex Ryanは紛れも無く名将。

AFC-S
 HOUは予想通りではあったが期待したほどではなかった、と言ってはYeatsがかわいそう過ぎるか。
 Leinartは千載一遇のチャンスでアレというのが、かわいそうと言う言葉を飲み込ませる。
 せっかく念願の「バランスアタックを操る立場」に立てたというのに。。。これはもう(ry

AFC-W
 KCは人災(主にHaleyによる)天災含め、序盤での主力シーズンエンド連発は痛すぎた。
 不謹慎極まりない事ながら、或爺が逝った時点で「これはOAKあるな」と思ってしまったことは
 否定しない。ノーライフキング化した或爺がロンバルディトロフィーを手にすると妄想もした。
 そんな或爺すら浄化せしめた超有能僧侶Tebow。ヤツの3章16節には何が書いてあるのだろう。
 この僧侶Tebow、常に賢明に振舞い、力強い身体は耐久力もバッチリ。いざとなれば敏捷に身体を
 操り、カリスマ性は言うに及ばず。TRPGでこんなキャラ作ったらどんだけ賽の目弄ったんだと
 総スカンを食らいかねないヒーローキャラっぷり。具体的に言うと3d6で常に13以上。
 だが残念なことにTRPGにQBという職業はないわけで。Elwayがどれだけ首を突っ込むつもりなのか
 知らないが、正直2年続くとは思えない、と凡夫としては思ってしまうわけです。

AFC-N
 BALは予想通り。PIT、CINは予想以上。CLEは「結局何がしたかったのかわからない」まま
 シーズンが終わったことが何よりも予想外。
 PITはもう少し沈むのかとも思ったが、そもそも付け込めるチームが多くなかった。

何はともあれ上記反省を踏まえ、来季は嘘でもいいから
「NFC-W:ありぞな」
と書くところから始めよう。

……これは、どこかで思考停止する必要があるな。
スポンサーサイト

カテゴリ: 未分類

tb: 0   cm: 0

« 超Under Construction的実験現場  |  '11 Arizona Cardinals 戦力分析? 回顧と来年への展望 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://avestc.blog79.fc2.com/tb.php/8-35235629
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

未練・或爺杯MockDraft2017は
終了しました
 最終結果ボードはコチラ